避暑地。

2006.08.02 Wednesday

0
    本日は定休日。

    アイカタと涼しい所を求めて西北西の地に向った。
    ETCの通勤割引を忘れていて普通に東名。
    混雑も無く気楽にドライブ。オートクルーズ付のアメ車
    はこんな時ぐらいは良い気分になれる。

    そんで途中お気に入りのパン屋に寄って昼の買出し。
    ココは材料もこだわっている様で美味しい。そしていつもペロリと
    予想以上食べてしまう。

    そんで第一次目的地、洒水の滝。



    酒じゃ無い。洒水。ご注意。
    すごく涼しくて水も懇々と流れてくる。綺麗な沢の上流に滝があった。
    高さ約20メートル。フモトには落石注意で行けなかった。

    そんな事よりこの名水で歯を磨くチャリンコ少年3人組。
    気持ちは解るが雰囲気ぶち壊し!本人たちはいつもより
    多く磨いています!って感じだった・・・・。

    そんで下山途中買出ししたパンで早お昼ご飯。ごパン??



    結局全部食べてしまった。
    毎回違う種類のパンが売っていて前回のお気に入りコーンパンは
    無し。変わりにバゲットの半割りにコーンを敷き詰めたパンが・・。

    なんにしても美味しくて食い尽くしてしまった。

    駐車場まで下山途中、下からオバチャンの団体が・・・。
    先頭の方がコンニチワと。山でのマナーだとは存じますが
    30名近くのオバチャンがコンチワコンチワコンニチワコンニワと
    連呼。正直疲れた。

    そんで移動。



    神奈川のイナカ出身なので丹沢は知っていたつもりだったが
    丹沢湖がこんなところにあるのは知らなんだ。

    ココを自転車で一周しようと思っていたらアイカタが弱っているので
    中止。昼寝タイムに変更。

    その後アイスクリームを食。
    山盛りおまけしてくれてラッキー。美味かった。

    そんでさらに移動。ナントカ杉。



    樹齢2000年以上らしい。ウウムと思っていたら熊ン蜂登場!
    明らかに俺を狙っている。
    アイカタを置いて逃げようとしたがググッと我慢。

    何とか事なきを得ました。

    でも2000歳。後1000年は生きるらしい・・・・。
    そのうち屋久島とかにも行ってみたい。
    長生きの生き物には尊敬の念を抱く。
    我がヂヂイは93歳でゲームオーバー。

    葬式の際に飛んでいた蜂を見て坊主がヂヂイが蜂になって見に来た
    なんて愁傷な事を言っていた。熊ン蜂も祖父か??
    そんなに悪いことはしてない気がするが・・・・・・。

    そんで帰りは通勤割引タイムで東名。ガス欠になりながらも海老名SA
    突入。高速のスタンドは世の中より値上げが遅いので100ℓ入る
    我が車では1000円弱儲かった!

    晩飯はウドンを食いたいと言うアイカタをそそのかして
    我が路線へ・・・。久しぶりのクアアイナ五反田へ。



    数ヶ月前に赤レンガ店に行ったら美味くなかった。
    でも五反田店はいつも通り。ハンバーガーを42秒で完食。

    残り23分12秒はアイカタのハンバーガーを眺めて過ごした。
    結局お裾分けを貰って退店。
    涼しい一日?だった様な気がする。

    来週はハンバーガーお休みです。
    コメント
    チェッ。五反田にあったの、忘れてた・・・クアアイナ。昨日通ったのに!
    • by ASAi rei
    • 2006/08/03 10:24 AM
    会社の近くじゃないか。駅の反対だけど。

    清泉女子の近くにウマイバーガー屋あるの知ってる?
    名前忘れたけど。
    • by さわだんな
    • 2006/08/03 6:21 PM
    いいねぇ〜マイナスイオン浴びてきたー?
    オレは、ビルの中の人工の小さな滝でちょびっと浴びて?浴びれたのかなぁ〜???

    いい休日だったね!

    歯磨き少年ちょっとヤダね。(気持ちはわかるが)
    • by Y
    • 2006/08/03 6:52 PM
    asai様>クアアイナは横浜きた東口にも出来るそうです。
    でもその出口ってどこ??

    さわだんな様>>そのバーガー屋はFアベニューです。
    先日そこに行く際に氏の会社の前を通りました。
    独創企業のイメージですが外観は普通なんですね。
    バーガーはナイフとフォークで食べる系でした。

    Y様>超マイナスイオンを浴びてきました。
    沢って気持ちいいですよねーーー。
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL