日々の作業・・DX-Rハブ

2014.11.01 Saturday

0
    雨が降っております。明日からは回復の予報!
    そんな週末へ向けてレッツ作業!

    明日11月2日はキャベトレ練習及び返還へ向けての
    作業のため休業いたします。




    先日のレース時にクラッシュした際に他車と絡んで折れてしまった
    DX−Rのリアハブシャフト交換。

    グリスが相当汚れているように見えますが後ほど・・・



     
    シマノ製品は細かいパーツの破損にも適切に対応してくれ
    修理対応ができるようにパーツをストックしてあるので安心です。

    今回はマイナー変更する前のFH-MX70でしたがハブシャフトの在庫なし。
    変更後のFH−MX71用のシャフトが互換品として在庫にあったのでそちらをチョイス。




    とりあえず分解。

    左のシャフトがMX71用。右隣の折れたシャフトがMX70の物。
    マイナーチェンジにて変更されたシャフトはアルミからクロモリへ。

    多少重くなりますが信頼性は上がるので・・・・




    分解して洗浄。
    ベアリングはセラミックボールを使用しているため黒いです。

    ゴミが点在しているように見えますがカメラのレンズ内部に
    現れた物なので除去できません・・・

    組み立て時には異物混入の無いように気を使っておりますので・・・




    組み付けにはお客さまからのご指定でマイクロロン アッセンブリールブを使用。

    マイクロロンは色々と世にある添加剤やコーティング剤の一種で
    以前乗っていた車で使用した事がありました。




    写真は拾い物なので何方かの大切な愛車だと思いますが実際に乗っていたのは
    もう少しヤレタ感じでした・・・

    2.8ℓの直列6気筒エンジンは振動が少なくなんて謳い文句もありますが
    所詮は古い車なのでガソリンスタンドに行くとディーゼルですか?と
    よく間違えられておりましたがマイクロロン使用後はエンジン音も
    静かになりそういった事は無くなりましたと想い出・・・




    車とは違うので自転車でも良いとは言い切れませんが一応メーカーの信頼性はありかと。

    ハブへの使用も今回が初めてでは無く数カ月から半年以内でのグリス交換では
    今までも問題無くルブリカントとしての性能を維持しておりましたので今回も使用。




    組み上げ時の回転性能は良好。触れ取りをして修復完了。

    BMXでも完組ホイールが増えてきたのでハブとリムをアッセンブルして組み上げる事は
    全体数からすると減っておりますがこちらは今後1-3/8リムから1.5リムに変更予定。

    まだまだハブには頑張って貰いましょう!

    シールドベアリングのハブが増えておりますが
    作業としては手間がかかるがカップ&コーンのハブの方が何となく愛着が湧く。

    時代の波には乗り遅れぬよう日々勉強はしておりますので・・

    そんな一日。