週末の野外事業!ダートデビューに向けて・・

2014.09.30 Tuesday

0
    先週末の日曜日も店を休業して野外事業!
    キャベトレにお邪魔してラボのお客さんとRIDE!

    10月5日(日)はJOSF川口ゴリラ公園レースに観戦に行くため休業いたします。




    早朝よりコース整備をしていた先着隊に加わり少々作業。
    コース空き部分になんだか棒が生えておりますが気にせずレッツ!


    先日紹介しましたCult DAKは嫁ぎ先が見つかり第二の輪生が始まりました。
    125Rの方は数件のお問い合わせがありましたが決定はしておりません。引き続き。


     


    私事とごちゃ混ぜになるので書きにくかったので避けておりましたが
    沢山の子供たちのダートやレースのデビュー、成長を見てきて
    これからBMXレースを始める子供、そして保護者の方に参考になればと
    子供にとって好条件になると思う事を数点を写真とともに・・・



    装備に関しては転ばぬ先の杖である以上は重装備を進めがちですが
    肘膝のプロテクターと指長グローブ、半帽ヘルメット辺りが順当な装備でしょう
    (虎壱のベストとニッカポッカは必要ありませんww)

    フルフェイスを装着しておりますが自転車のバランス感覚をきちんと養うまでは
    視界が広く軽い半帽等で安全な平地でまず練習を進める方が意外と近道だと思います。




    うちは毎週どこかトレイルやレースコースに仕事がら行くので連れて行っておりましたが
    本人が行きたがろうが、行きたく無かろうがお出かけするにはついて来るしかないという
    かわいそうな環境ではあったので本人が自転車に乗りたいというまでは一切勧誘せず。

    最近なんだか自転車でダートを走りたいと言いだしていたので公園で
    パイロンスラロームをして遊んだりと近所でできる準備はしておりました。

    ダートを上手に走らせる方法等はキッズライダー個々の特性もあるので省略。





    自転車に乗っている年の近い子供がいる事。
    子供のために裏山に秘密コースを作って密かに特訓をなんて人は少ないと思いますが
    同世代の子供が走っているのを目の当たりにできるのはとても良い刺激になると思います。

    先導をお兄さんお姉さんに走ってもらうとモチベーションもかなりアップ。
    先行する子供も目標になれるべく頑張ってくれる事が多いと感じます。




    飽きっぽく、上手くいかないとめげてしまう子供の気持ちをアゲアゲで応援する親の努力。

    ついつい声を荒らげて子供に色々と押し付けてしまいがちですが保護者の我慢は
    今後の子供の成長に大きく関わると思いますのでこの時期は優しく持ち上げて
    子供が一人でコースを走りきれるまで温かく見守り、手助けをする事が重要だと思います。

    と偉そうな事を書いておりますが伴走者は僕では無くBMXの未来を見据えて
    StartBMX.infoなるサイトを立ち上げBMXの人口を増やすべく活動をしているコミネ氏。

    同学年のお子さんのいる彼の優しさをたくさん分けて頂きました。
    僕の伴走ではすぐにピットインしてしまう息子も楽しく練習させて貰いました。

    パパより上手じゃーん!なんて談笑しながら走っていたのは聞かなかった事にしよう・・




    前を走るコミネ氏のお嬢さん。だいぶ遅れをとった我が子。
    この差が親の優しさと忍耐力の差なんだと実感しました。

    怒ったら負け。用意したすべての機材が無駄になります・・・




    この競技、遊びの魅力的なところはレベル、年齢の違うライダーが楽しく同居できるところ。
    地道に楽しみながら走り続ければ、できなかった事ができるようになる喜び。成長。

    これからBMXを始めるお子さんをお持ちのお父さん、お母さん!
    環境を整える一環としてライダーの集う輪の中へ頑張って入りましょう。

    可能であるならば子供と同時期にBMX、ダートスポーツ始めましょう!
    理屈では無い何かがきっと共有できます〜プライスレスww

    そして今BMXに関わるライダー、保護者の皆さん

    このマイナーな遊びを絶やさないために、今ある少ない環境を守るために
    新しく始めるライダーを優しく迎え入れましょうよ。可能な限り。

    楽しく走れる場所を探していた頃を思い出してショーウィンドウ前で
    トランペットを眺める少年にプレゼントをしたミスターの気持ちにはなれまいか・・

    僕の知る世界を目指すBMXレーサー達も子供のころ将来とか宿題とか忘れて
    一生懸命一つのジャンプを飛び越える練習を楽しんでしていたところを見てきました。

    何かに夢中になって頑張れる事。それを楽しめる事。
    そんな遊び、競技だと思います。

    それがBMX〜ダートスポーツであれば何かお手伝いすることができると思います。

    何となく締りの悪い締めになってしまいましたがご縁がありましたら・・・

    そしてこんな事を思い出しつつ息子の成長を生温かく見守って下さい。
    お父さん代理の皆様ww

    そんな一日。